FC2ブログ

01

28

コメント

スキーとか酒とか

上越に来るのはものすごく久しぶり。
スキーをしなくなってだいぶ経つ。
寒いのにわざわざ雪のあるところへ行かなくても・・
って気持ちはトシとるにつれ強まるわけです。

IMG_1184.jpg IMG_1171.jpg

高崎までは全く雪が無いのに
トンネルを抜けると雪国でした。
まさしく。そのまんま。

で、私はスキーをしないで温泉と読書の湯沢。
なので食事の写真だけです。

IMG_1186.jpg

へぎそば~~。甘めのめんつゆが美味しい。
けっこう量あります。これで3人前。

駅ナカのカフェ。
この中で私が好きなのは、奥の四角いレアチーズケーキ。
さかすけレアチーズケーキ。甘酒のような香りで美味しいです。

IMG_1167.jpg IMG_1169.jpg

帰りにはぽんしゅ館で利き酒してまいりました。
梅酒、もう一杯、長寿盛梅酒
上善如水 湯沢限定、越の鶴 中取り
ウイスキー樽で貯蔵した日本酒。←わたしはこれ好き。

スキーしに行ったのか飲み食いしに行ったのかと言われたら
もちろん飲み食いですよ。
お湯よし、飯よし、お酒よし。
それにしても1時間半、あっという間の新幹線でした。



続きを読む

01

28

コメント

1月の定期便

今年は雪はそうでもないけど、とにかく寒い。
寒いというより痛い。
そんな冬らしい冬は久しぶり。
IMG_1154.jpg

十字街を見ながら道を渡って・・
「ぼんぱん」は、父お気に入りのパン屋さん。
ここの食パンしか食べない。
今、実家の食生活を掌握しているのは彼なので
頑なに「ここしかダメ」を貫いています。
私の好みは違うお店なんだけどね。

IMG_1155.jpg

雪はそうでもないとはいえ、やはりこんな感じで。
夜中に音も静かに降り積もり、朝は「あぁ」。

IMG_1156.jpg IMG_1158.jpg

今回は地吹雪が続いて、外出もままならず。
あっという間に関東に戻る日がきてしまい。
「帰ってしまうのが嫌だ」
「嫁に出さなければ良かった」
とか言うわけです。老いるというのはこういうことか。
まあ冗談だとしても。

いさりび鉄道、可愛いので思わず撮ってしまった。


IMG_1161.jpg IMG_1162.jpg

新幹線の4時間、もう慣れてきたけど
長いっちゃ長い。
札幌まで走るようになったら、新幹線に
寝台車つけても良いんじゃないかとか思ったり。

IMG_1164.jpg

上野着、暖かさに違和感。
4時間で冬から春になり。
娘から母親に戻るのです。

12

24

コメント

12月の定期便


今年は雪が遅いとか言ってたけど
降ってきたら本格的。

IMG_1103.jpg

金森倉庫の向こう側に立ってます、クリスマスツリー。
函館の姉妹都市、カナダのハリファックスから毎冬運ばれるモミの木。
実は私も本物を見るのは初めて。
12月の函館にはこれまで来たことなかった。

IMG_1105.jpg IMG_1106.jpg

函館山も雪化粧。

IMG_1107.jpg

クリスマスツリーは夜になると点灯される。
点灯のときには花火も打ち上げられ、毎晩実家では花火を堪能。
暗くなったのでそろそろ観に行きます。

IMG_1108.jpg IMG_1111.jpg

昼間とはまた違った景色!観光客もたくさん足を止めて
「beautiful!」「wonderful!」「excellent!」
外国人がほとんどなのです。
時間がたつと色が変わっていく。
アメージング!

IMG_1112.jpg IMG_1113.jpg IMG_1115.jpg IMG_1116.jpg

マジ寒いからしっかり冬の服をまかなってください。

雪の坂道のおつかいを引き受けて出かけた先で
前々から気になっていたお店に立ち寄ってみる。
ネットで評判になったようで、土日には行列が凄いのです。
アンジェリックヴォヤージュ

IMG_1118.jpg

皆クレープを頼んで外で食べてました。
私はテイクアウトでアップルパイを購入。
これとても美味しい。サクサクパリパリのパイ生地。
シンプルが一番。

冬は飛行機ではなく、新幹線で。
親のかかりつけ医師が「それが一番です」と言ってくれた。
4時間ちょいですけど。kindleがあれば。

IMG_1120.jpg IMG_1121.jpg

新函館北斗駅も雪、雪、雪。
これからますます寒くなります。

今回親の体調が芳しくないので、来月いっぱいで仕事を辞めることにした。
「来るときは待ち遠しくて、指折り来る日を数えるけど帰っていく日は嫌だ」
と涙する母親。元気なころは決して涙を見せなったのだけどね。
いろいろ考えることはあるけど、私のやりたいようにさせてくれる旦那には感謝。
濃密な一年という歳月が、そろそろ終わり、そしてまた始まるわけです。


11

18

コメント

11月の定期便

気になっていたベリーベリービーストで晩御飯。
ホテルのすぐ目の前にあるんだけど、なんとなく行きそびれ。
確か前は実家の近所にあったはず・・。移転したのですね。
オムライスやビーフシチューとかが人気らしいけど
おばさんの夜には重い。気持ちもチキンで。

IMG_1081.jpg  IMG_1084.jpg

皮はパリっと中はジューシー、熱々のチキンステーキ美味しかった!

先月は青かった函館山が秋の装い。
もうすぐ雪になるのかな。
今年は暖かくて雪が遅いらしい。

IMG_1085.jpg

元町のカール・レイモンで焼き立てのソーセージ。
ここでしか食べられないチューリンガー、美味しい。
手前はレイモンさんの住居だった家。
美味しい物はいつまでも残っててほしい。

IMG_1102.jpg IMG_1101.jpg

大学の恩師の講演をききに、函館市公民館へ。
護国神社の坂の途中にあるのだけど、けっこうこの坂上がるのキツイのよね。
もうすぐロープウェイの駅だし。
夕方には市内のカラスたちが函館山へと戻って行く。
クリックすると細かいカラスの姿が見えます。

IMG_1100.jpg

そう言えばここに銭湯があったよな・・。

IMG_1099.jpg

函館市公民館。レトロです。昭和8年の建物だから、85歳になるのかしら。
眺めはとても良いけど、ホント上ってくるのしんどいわ。

IMG_1094.jpg

護国神社の坂はそのまんま「護国神社坂」って名前。
高田屋嘉兵衛の坂とか言ったりもする。

IMG_1093.jpg IMG_1092.jpg

講演は、函館の作家、宇江佐真理さんのデビュー前のエピソード。
安東先生の訥々とした語り口は変わらないなあ。
宇江佐真理さんは、私の高校の大先輩でもあり。

IMG_1090.jpg IMG_1091.jpg

函館は珈琲、ジャズ、そして文学の街でもあったのだわ、と思った。

旧桟橋の工事中。
船の上のクレーンが格好いい。
来月はクリスマスのモミの木ツリーが見られるだろうか。
楽しみ。

IMG_1089.jpg

続きを読む

10

26

コメント

会津若松 さざえ堂

福島へ法事に。
あちこちへ法事に出かけることも増えてきた。

IMG_1005.jpg IMG_1006.jpg

山の奥深く。この日は風が凪いで川面が鏡のように。
紅葉が今年は遅れているとかで、これからだね~、って感じ。
例年なら、綺麗な錦絵になってたな・・。

IMG_1013.jpg IMG_1015.jpg
IMG_1016.jpg

東山温泉で一泊。
川の流れを眺めつつ、たぷん、と湯に浸かる。
ごくらく~~~である。

IMG_1008.jpg IMG_1011.jpg

この後、会津若松へ。白虎隊が自決した飯盛山。
けっこうな階段である。脇には「上る歩道」が完備。
「上まで歩いて登るのは本当に大変です」とスピーカーから
繰り返し流れる声。本当に、がとても強く聞こえて、迷うことなく料金を払う。

IMG_1017.jpg IMG_1018.jpg
IMG_1019.jpg IMG_1021.jpg

像が見てる方向に鶴ヶ城がある。私も真似て見た。
城は小さく見える。これじゃ間違えてもね・・
あちこちに赤トンボが飛んでいて、秋らしい。

IMG_1023.jpg

飯盛山にはブラタモリでタモさん絶賛(旦那曰く)の「さざえ堂」がありまして。
これはもう特異な建物ですよ。
中身じゃなく建物自体がね、ナントカ博物館みたいな。
外見だけでも興奮しますが、中を見たらもっと「へえぇぇ~」って思う。

IMG_1025.jpg IMG_1024.jpg
IMG_1026.jpg

螺旋構造って言うのか、一方通行ですれ違いはない。
でも、中央部分をすり抜けてショートカットはできる。(やってみた)
一度通り抜ければ後は参拝要りませんよ的な
庶民には都合の良い面白い建物で、人気あっただろうなあ、と思う。

IMG_1033.jpg

そして鶴ヶ城。天気良くて気持ち良かった。
お土産コーナーの奥に、VR幕末の会津若松ってのを見るコーナーがあり
最後の最後まで楽しめます。

10

26

コメント

10月の定期便

徐々に変わりゆく函館。
旧桟橋が消えていて驚いたけど、

IMG_0987.jpg  IMG_1001.jpg

だいぶ傷んでたので改修工事みたい。
同じような姿で戻ってきてほしい。
柵は高くしてね。

駅前のボーニさんは来年1月で閉店。
懐かしい造り。記念に一枚。
寂しくなるね・・。

IMG_0981.jpg


実家の近所、基坂から八幡坂にかけて、金融関連の会社の建物が多い。
一番近いのは旧日本銀行。

IMG_0991.jpg


これは今ホテルになっている旧富士銀行。

IMG_0990.jpg


昔の拓殖銀行の建物。子供の頃よく母親と来た。
銀行や郵便局、お金に関わる場所はとにかく時間がかかる。ということしか思い出にない。
重厚な造りだったよ。

IMG_0988.jpg


旧北日本信販(ジャックス)の建物は函館市文学館になっている。

IMG_0992.jpg
 IMG_1003.jpg IMG_1002.jpg

函館から離れる前に通りがかったら、こんな企画が。
来月はこれに行かねば。

今回の定期便は先日亡くなった伯母の法事もあって
なかなか忙しかった。
高齢の両親にとって、気掛かりだった葬儀が一通り終わり
肩の荷が少し下りたことだろう。
独身の伯母には子供がいなかったので、私と弟を可愛がってくれた。
先祖代々の墓よりも妹の嫁ぎ先の墓を「希望」したのは
私達が後々墓守をしてくれるから。というのもあるだろうけど
まあつまりは親戚の中でもいろんな人間関係がある。ということである。

09

30

コメント

9月の定期便

IMG_0936.jpg

北海道の地震は大きかったけど
北海道は広い。
地震より停電の方が深刻だった地域も多い。
函館の夜景がフッっと消えた画像、ショックだったな。

弟は昔から何かしら「感じる」らしく
今回の地震の数日前に、自宅の懐中電灯事情がお粗末だな、と
ふと思ったらしくデカイ電灯をポチっとしたとのこと。GJ。

IMG_0938.jpg IMG_0939.jpg

この日は天気もよく、青空が綺麗。
3連休で、観光客もぼちぼち戻ってきている。
娘たちが遊びに来たので、車椅子で散歩に出た。
ラキピでソフトクリーム。すごく混んでたわ。


IMG_0944.jpg

娘たちが来ているので、生け簀のあるお店へ。
朝市の近くにある「海光房」。

IMG_0946.jpg IMG_0948.jpg



今年は烏賊が戻っているそうだけど
年々少なくなってきてるみたい。
新鮮なのを刺身で食べて美味しいのは烏賊。
他の魚はとりたてだと身がコチコチしてるだけで旨みがない。
でも烏賊は新鮮なバキバキなのが美味しい。

IMG_0947.jpg

活きが良くて私の前歯の仮歯がパッツン!と折れてしまった・・・。

函館では必ずソフトクリームを食べる事にしている。
今回の〆は函館空港の「美鈴」で。
美鈴のコーヒー美味しい。ソフトクリーム堪能。

IMG_0949_20180924191842188.jpg IMG_0950.jpg

飛行機は初めて乗ったエアバス。
座面にディスプレイついてて、ebook読めるの。便利~~

IMG_0951.jpg

定期便は来月もありますが、9月は臨時便も。
それはまた別なお話。












続きを読む

09

02

コメント

8月の定期便

例年より暑いとはいっても、流石の北海道。
さらに函館は内陸の街より涼しくすごしやすい。
海は青く、風は爽やか。
夏は函館に限る~~

8月にGLAYのコンサートが行われる「緑の島」。
昔は何もなかったところに埋め立てでできた人口の島。
新島襄の石碑は変わりなく建っており。
ここからアメリカに密航したわけね。
石碑の説明書きで、彼の本名が七五三太(しめた)というのは
随分子供のころから知っていた。
名前がどうのと言うより、七五三って書いてしめ、って読むんだ。ってことが鮮烈な記憶。


IMG_0871.jpg IMG_0872.jpg IMG_0873.jpg

ぶらぶら散歩で新島襄の石碑から、弥生小学校へと続く東坂。
この坂の中腹に、小林写真館が建っている。
ここは私が子供の頃は小林文具店といって、ごく普通の学校の近くにある文房具店だった。
こんなに由緒ある建物とは知らなかった。
実家の近所には、子供の頃フツーに皆暮らしてた建物が
実は歴史ある建物で・・ってのが多い。

IMG_0874.jpg


その中でも綺麗になったとき一番驚いたのが、旧英国領事館。
基坂の途中にあって、昔はボロボロな建物だった。
向かいには函館市立病院が建っており、旧英国領事館の建物は
看護婦さんの寮に使われていた。
よくぞ使用に耐えたものだ。
敷地内のイチョウの木は私が小学生の頃から既に大木だったから
樹齢は随分なんだろうと思う。
その頃本好きでよく読んでいたのがドリトル先生の物語。
英国風とかそんなこと知らなかった子供が、旧英国領事館を
「ドリトル先生の家」と呼んでいたんだから、すごいね私。


IMG_0881.jpg IMG_0882.jpg
IMG_0884.jpg IMG_0885.jpg IMG_0886.jpg

中は展示と喫茶室になっていて、喫茶室ではアフタヌーンティーを楽しめます。

IMG_0887.jpg IMG_0888.jpg
IMG_0889.jpg IMG_0890.jpg

中庭はローズガーデン。こじんまりとした庭だけど、薔薇の香りがして落ち着ける。
ここも昔はテニスコートだったような記憶がある。
ボロボロな建物が綺麗になってまた使われていくのは嬉しい。

IMG_0891.jpg IMG_0892.jpg
IMG_0893.jpg

IMG_0894.jpg IMG_0895.jpg

旧英国領事館を出て坂を少し下ると、喫茶店グリーンゲイブルズ。
赤毛のアンのファンな私は、ここができたときは「夢が壊れる・・」と
嘆いたのだけど、40年以上になるのかしら。
今はすっかりツタが覆って味のある建物になっておる。
YUKIが通ったお店ってことでも有名。
この日は休みだったけど、パイとか美味しいよ。

IMG_0878.jpg IMG_0879.jpg

パイと言えば、体調が今一つだった母に、大好物のミルフィーユを予約して購入。
ペシェ・ミニヨンのできたてミルフィーユは、マキシムのナポレオンパイみたいで
横になってた母に「ミルフィーユ食べる?」ときくと
目をパっと開けて起き上がり、「食べる!」とこっちをキラっと睨んだ。
美味しいねえ、美味しいね、とあっという間に丸っとひとつ食べてしまった。
私のスイーツ好きは彼女の遺伝なのだとあらためて思った次第・・。
やっぱり、人は美味しいものを食べるために生きている。


IMG_0876.jpg



短い夏を惜しむように、花に潜り込む蜂。ちょっと大きな蜂でビビってピンボケ。
函館の夏はそろそろ終わりです。

IMG_0896.jpg



07

28

コメント

7月の定期便

飛行機の外に出ると、もう涼しい。
空気が違う。引き締まるような風と、青い空。
別世界だわ~~

IMG_0815.jpg

最終の飛行機でいつものように着いて
ホテルは食事なしにしているので、近所で晩御飯。

この夜は、2回目の訪問になる「すず音ドリーム」。

IMG_0821_20180728000453f2d.jpg


中華のお店でカジュアルで美味しい。
壁一面にランタンが飾られていてアウトドア好きなのかなとか思いつつ・・
店内にバイクも置いてある。鉄馬好きならお話が合うかも。

IMG_0817.jpg IMG_0818.jpg
IMG_0819.jpg IMG_0820.jpg

チャーハンがふんわりとしてて好きなんだよね。
杏仁豆腐はダルスの塩を使っていて、
ちょっと、いやかなり変わってる。
少ししょっぱくて、クリームチーズみたいな感じ。
これ東京で販売したら絶対売れる。
一日に作れる数が少なくて・・ってお話だったけど
それ故に売れる。まずは交通会館で!

家事手伝いの合間に、ちょこちょこ近所を散歩。
通っていた弥生小学校の斜め向かいにある
中華会館はもう公開してないみたい。
私が子供の頃は、結婚式とかあると賑やかで
外からチラっと覗くと中がとても豪華だった。
その後観光客にも公開してて、じっくりゆっくり見学したっけな。
こんな感じでしたよ。https://www.hakobura.jp/walk/post-134.html

IMG_0831.jpg

これは旧日本銀行の建物。
子供の頃、この裏手で、近所の子たちとままごと遊びしてました。
昔は鷹揚というか寛容だったのね。

IMG_0832.jpg IMG_0833.jpg

ちょうど函館はお盆。
函館は東京と同じ新暦なのだ。
「函館の7月はお供えできるものがまだない」といつも親戚から言われてた。
今はハウスものとかあるけど、昔は本当に何もなく。
はったんきょ、って呼ぶスモモが並ぶくらいでした。
で、お供えにするどら焼きを買いに、千秋庵総本家へ。

IMG_0845.jpg

趣のある建物ですよ。いつまでこのままで在るか・・。
もちろん、どら焼き美味しい。
母のおすすめは、栗が丸ごと入っている「本栗」。
ふんわり、しっとり、栗~ って感じです。

7月15日には、函館新聞社の花火大会があり、
家の目の前の港で打ち上げ。

IMG_0852.jpg IMG_0855.jpg
IMG_0857.jpg

8月には、函館港まつりの花火大会もある。
これはもうずっと昔から。
尺玉の花火の開く音がズドン、バスン、とお腹に響く。
懐かしいなあ

IMG_0860.jpg

今回はお寿司食べなかったので、帰りの空港で海鮮丼。
美味しかった。
また来月涼しくなりに行きますわ。

続きを読む

07

04

コメント

美味し時間


IMG_0814.jpg

仕事の休みが合うなんて希少なので
急遽家族食事会を設定。
私だけが仕事終わり時間が少し遅めだったので
他の皆で景色を眺め、買い物してたみたい。

IMG_0805.jpg IMG_0804.jpg IMG_0806.jpg
 IMG_0807.jpg IMG_0808.jpg IMG_0810.jpg

美味しかった~ 特に鮑。


syokujikai.jpg

syokujikai2.jpg

この先家族がどんな風になるのかわからないけど
美味しいものを食べることだけは
繋がっていたいと思う。
私と旦那が出会ったときから
食べる事が好きな家族は始まっていたんで。

美味しいものを食べるために
人は生まれてきたのよ。

profile

sippo428

Author:sippo428
未知の世界へまいります

ここを探し当ててくださって
ありがとう
いつでも遊びに来てください





☆こちらでまいります
SOFIA_SS
夢何夜
物語はここへ
Ribbon in The Sky

☆以前の記事

☆ようこそ

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Flashリバーシ

Designed by

Ad