FC2ブログ

05

31

コメント

あきらめるとき

諦める

簡単に、あきらめられる?


諦められるときと

諦められないときがある。

諦められるときって

どういうときなんだろう?


最初から、諦めているとき。

期待しているだけでは

諦められない。

取り掛かる前に

諦めることを用意しているとき

あきらめられる。


誤解しないで。

最初から、捨てているんじゃない。

ダメでモトモトの気持ちでいるってこと。


諦めることが悪い事とか良いことだとかは

そのときによるので

なんとも言えない。

ただ、諦めなくちゃいけないときに

諦められない気持ちで

悶々とするよりは

ダメもとで果敢に攻めた後

諦めたほうが切り替えができるというだけのこと。


人間、諦めが肝心なときもある。



05

30

コメント

ダービー

昨日はダービー

無敗の2冠馬、久々の誕生。

ディープインパクトの走っている姿を見ると

その強さに圧倒される。

まさしく、インパクトありすぎ。


このまま順調にいけば

3冠確実だろうな。

皐月賞での走りを見て思ったそのままを

昨日も感じた。


14万人の観客のエネルギーの前で

入れ込まない馬が少なかった昨日。

ディープインパクトもかなり後ろ足を蹴り上げてて

ちょっと心配したけれど。

しかも、スタートにはまた遅れてるし^^

それでも折り合いがきちんとついて後方から走り上げていくのは見事。

一番人気で1.1倍のオッズじゃ

普通のジョッキーなら舞い上がりそうだけど

そこは、さすがの武豊。

長い府中の直線を一気に抜いていった。

駆け抜けてみれば、5馬身差

すごいの一言です。


競馬は賭けない。見るだけ。

馬の美しさが好き。


実家の函館にに競馬場があって

子供の頃は近寄りがたい場所だった。

今では、夏休みに帰省して、たまたま競馬の開催とぶつかっていると

子どもたちと見に行ったりする。

海の見える競馬場を、駿馬たちが駆けて行く。

走る姿も綺麗だけれど

パドックで間近に見る馬も素敵だ。

田舎の競馬場は、のんびりとしている。


さて、ディープインパクト、秋はどうなるか・・・。

距離は血統が決めるけど

それをものともしない3冠馬誕生に期待する。



05

29

コメント

生協のオススメを見ながら

好きこそものの上手なれ

って言うけど、こと食べ物の味に関しては、ちょっと疑問に思う。

「これ、大好物だから、自分は味にはうるさいよ」

と言う人の言葉は全面的に信じない。

「あそこのアレは最高!アレ食べたら他のは食べられない」

と、豪語されると、ますます怪しい。


美味しいものは世の中、たくさんあるものだ。

最高の味、というのは

自分が出会ったなかでの最高の味だというだけで

それ以上のものは、確かにあるはず、なのだ。

それに、味ってかなり個人的な好みがあって

たとえ好きなものだからといって

口に合わない味だってあることだし。


もうひとつ、大好物、というのが怪しい原因だ。

「あばたもエクボ」というように

そのものが好きだから

多少のことは目をつぶる、ということが無きにしも非ず・・・


というわけで

「大好物!あそこのアレはなかなかイケル」という意見より

「苦手なんだよね。でも、あそこのアレだけは食べられる」

という意見のほうを、信用するのである。







05

29

コメント

見てるだけでしたが


ブログとmixiつながりのセッション

とっても楽しかった!

音楽って、良いねぇ


セッション

                      ブギウギ♪ノリノリ♪




05

28

コメント

未来図

ひとり修学旅行中。

なんだか調子の出ないほかの二人。

昨日の晩御飯、余ってしまった。


夫婦ふたりの生活って・・・

慣れるまで大変なのかも。


05

27

コメント

背中合わせ

失われてしまったら

二度とは戻らないものだから

注意深く

いつも心して

大切に守ってゆく。


なぜ、いつもそんなに準備がいいの?といわれる。

用意周到、計画的な人に、見えるらしい。

「そこらへん、あんたらしいよね。さすがだわ」

私に言わせれば、「考えなさすぎ」。


後悔したくない

ただ、それだけよ。




05

26

コメント

ストレッチ

アーティスト: 佐藤正美
タイトル: ヒーリング・ボサノバ

アーティスト: 佐藤正美
タイトル: 森と奏でるギター

お天気の良い日には、ボサノヴァと陽だまりを楽しむ。

猫になった気分。






05

25

コメント

広告実験?

おお!

「焼肉」という言葉ではなく

「結婚」という言葉に反応してる。


結婚

視力

PC


さて、次はどんな広告になるのだろう?




05

25

コメント

焼肉たべたい

ここアメブロの広告は、自分から はずす事ができない。

時折、自動的に変わるのだが

今日の広告を見て、アっと思った。


サングラスの記事を載せたら

視力の広告になっている。

そか、記事内容に反映されているんだ。

すごいなぁ~


PCの記事にしたら

データ保存の広告になってたし

結婚の記事にしたら、出会いの広告になってたし・・・


じゃ今日のこの記事には

どう反応するのかしら^^と、思って、

記事内容には関係のないタイトルをつけてみる。

どんな広告になるのかなぁ~

楽しみだな~♪




05

24

コメント

サングラス

安いサングラスを買った。

今日は陽射しが思いのほか強くて

まちなかを歩いていると、光の反射で

目が痛くなる。


普段、眼鏡はしないのだけれど

PCや本や映画をみるときには

眼鏡をしないと、ツライ。

片目だけ、乱視と遠視が混ざっていて

長い時間、ものを見続けることができない。

眼鏡をしていないときは

なんでもないほうの目で見ているようで

完璧に、利き目は決まっている。


サングラスは、度なしのおもちゃみたいなもので充分。

気分は、Men In Black ・・・・なのだ。




05

23

コメント

数ある占いのなかで

ファンタジージョブ占い


今まで、いろんな占いやってみたけれど

コレが一番当たっているかもしれない。

タイトルは軽いけど、中身には思わずうなずいてしまった。


ちなみに、私は 「革命家」。

淡々としているようで

内側に炎がメラメラなんだそうで・・・

私に近づいたら、火傷しますぜ^^




05

22

コメント

日進月歩花嵐乗越遠来我思

今じゃ自分の字が活字になることなんか

日常茶飯事

PC使って打ち込んでプリントアウトしたら

一丁あがり

だけど、以前はめったにないことだった。


小学生の作文コンクールに入選して

入選作を載せた小冊子

ページを開いて

自分の文章が活字になった感激

あのときの鮮烈さは

もう二度と味わえないのだろうか。


ネットがなかったら

私のこんな独り言も

自分の世界のなかで

ぐるぐるとまわっていただけだったんだろう。

「え?日記を公開するんだって?」

って、アンビリーバブゥ~と呟いた頃が

ずいぶん、昔の事みたいに思える。

2年ほど前だったのにね。




05

21

コメント

ケンカして

結婚前、一度だけケンカしたことがある。

発端は些細な事だったけれど

いつもは怒らない彼が、珍しく腹をたてた。

「さようなら」

「もう、おわりだね」

銀座の街角でふたりは反対方向に歩き出した。


そういうときに限って、どうして地下鉄の電車は

タイミングよく来ちゃうんだろう?

待ち時間がまったくなく、あっという間に最終駅。

地下鉄の窓ガラスに映った私の顔は

今にも泣きそうだった。

着いちゃったものはしかたない。

さっさと歩いて帰宅。

電話して謝ろうと決めた。それでダメなら、ホントにおしまい。


そう思っていたら、トントンと、ドアをノックする音。

彼だった。

「すぐに追いかけたんだけど、、追いつけなかった」

で、家まで来てしまったのね。

私は 振り返って、戻るって気にならなかった。

どんどん電車に乗っていく私を、彼は追いかけた。


それ以来、ケンカはしたことない。

前しか見ない私のことを、彼はわかってくれてるのかも。

、と、都合よく勘違いしておこう^^


05

20

コメント

巴里の恋

暑い街を歩いて

ふと、デパートで涼もうと

化粧品売り場をふらついた。

独特な強い芳香のする売り場

たぶん、男の人は近寄れないだろうと思うような

香りのイバラのなかをさ迷う。


思い出した。ケチケチ使っているファンデーションが

もうすぐ底をつく。

各ショップの店員さんと目を合わせないようにして

目指すは、NINA RICCI

そこで、ファンデーションだけを買うと

「こちらをどうぞ」

小さな香水のお試し品をいただいた。


身に付けた瞬間は、東洋的なムスクな香り

やがて華やかな香りが開いてきて

うん、これは、恋。 恋の香り。

最後には少し男性的な香りになるのも

私らしいかも。


     香る恋白き肌に漂わせ 

                                          異国の彼はまだ見ぬけれど



LOVE  IN  PARIS

nina  




  




05

19

コメント

スーツは嫌いです

しばし休むといっても、一日だけなんだな・・

久しぶりに風邪ひいた。

やっぱり、寒い日にはいつも通りに足を隠さなくちゃいけない。

この大根足をさらすには、この間はちょっと寒すぎた。


スカートってのは、子どもの時から苦手で

高校のころは、ず~~っとGパンだった。

制服のない学校だったので、私の「制服」は

ワイシャツにネクタイ、Gパンだったね。

たまーにスカートだと、「どうした?何かあった?」って感じで

皆がビックリしていたような・・・そんな記憶がある。


スーツを着なくちゃいけないような場面も大人になったらあるわけで

普段から、あまやかしちゃいけないんだよね・・。

だけど、年中ズボン。ず、ぼーん

「ヒールが似合いそうなのに」といわれても

いつもロックポートのウォーキングシューズ。

ヒールなんて・・・絶対、足くじく。


寒さと、コケそうになるのをこらえてスーツ着たのになぁ・・・。






05

17

コメント

しばしお休み

PC休む前に

風邪で休む~~

喉が痛くても、ことばが出るのがPCの良いところだにゃ





05

17

コメント

忠実と従順

たとえば


戦国時代の君主と部下

部下の身を案じ、「自分のモトにいては不幸になる」と感じた君主が

「ここを離れ、相手方に身を寄せよ」と命じたとき

その言葉を受け入れず、自分の信じるままに君主に最後まで仕えるのが、忠実

その言葉をそのまま受け入れるのが、従順

どちらが裏切りをおこなったのか。

君主の言葉に逆らう事が裏切りというのであれば

「忠実」な部下は裏切った事になり、「従順」な部下は裏切らなかったことになる。

君主に仕えるということは、君主の言葉や命令に従うということなのか。

忠実とは、自分の知恵や知識や意志のチカラで、何が君主に仕えることなのか

その本質を考えて選択するもの。

従順とは、素直に君主に従う事。


自分の運命を受け入れるには、従順なほうが容易いのかもしれない。

素直になるには、達観と諦観が必要かもしれないから。

私はそれを良しとしない。

できれば忠実でありたい。

自分の選択に悩み苦しむほうを選ぶ。

他に選択できず受け入れる事しかできないときも

それを受け入れるために、何かを捨てる。

言葉の上では「しかたないから」としかならなくても

その裏には、なにもないわけでは、ない。





05

16

コメント

できない・・・


自己紹介代わりに、「100の質問」とか「50の質問」を

やってみようかなっと

思ったのだが


やっぱり、面倒クサイので、やめた。


面白い質問ないかなぁ・・・

面倒くさがりな私でも、ついつい答えてみたくなるような。







05

16

コメント

タンカ

        わかってる あなたが疲れていることは
             だから黙って おやすみなさい


怒ってない

カチンときただけだ

(それって怒ってるっていうのね^^)





05

15

コメント

同じ事は続かない

晴れたり曇ったり

雨が落ちたりお日さまが照らしたり

今日の天気は、気まぐれ。


用事の重なった週末の翌日は

うんと朝寝坊して

さらに家事の手を抜く。


オンとオフ

メリハリのある時間さえ確保できれば

なんとか、続いていけるものなんだな。


行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。

よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくまる事なし。

世の中にある人と住家と、またかくの如し。(方丈記)


無常観(感?)とか言われているけれど

私には、とても前向きな見方に感じられる。

長く同じ事を続けていくという事は

その瞬間その瞬間で

新しい事を始めていき、繋げていくこと

なのではないかと

長大な仕事を見るたびに、感じるんだ。


単純に分裂して種を維持する事を選ばなかった生物だもん。

まったく同じ事を何度も繰り返す事は

できないのよ。 




05

14

コメント

まずい酒

ボランティアって、やる気があるかないか、しかない。

強制でやるものじゃないし

そんなのでは長続きしない。

「どうしてボランティアってやってるの?」

そう子どもからきかれて

「気持ちよいからやっているんだよ」

そう答える。

「善い事すると、気持ちがいいでしょ?」

「じゃあ、悪い事して気持ちがいい人は?」

「悪い事して気持ちがいい人は、悪人だよ」

ナットクする子ども。


やる気が失せるような発言や行動を

なぜ平気でできるのか

行政の人。

ボランティアは、自分たちの利益のためにお金を必要とはしていない。

あなたたちのように、月給をもらっているわけではない。

会費や寄付は、すべて活動費になっている。

それなのに、企業努力と同じ感覚で

「お金をかけたから良い活動ができるわけではない」

「お金がかからないような工夫と努力を」

ボランティアとは、その始まりからお金のかからないことを

前提として、善意だけで繋がっている団体である。

その善意に

いつまで、頼り続ける気なのか。


専門の生業にしいるわけではないのに

ここまで言われては続ける気が失せる。





05

13

コメント

寒さが戻っているね

ここのところの天気の悪さで

何度か捻挫した左足が痛い。

膨張するようなうずくような痛さ


天気と人間のからだは

繋がっている。

晴れれば気持ちが良いのも

雨なら気持ちが濡れるのも

気分だけのことじゃない。


傷んでいると思わずに

天気のせいだと思ったほうが

なんとなく能天気で

私はそのほうが 好きだな。



05

12

コメント

バックアップ

きたるべきPC故障の日に備えて

バックアップを、とってみた。

だけど、ディスクのどこかに入っているのであろうソレは

PC音痴の私には、どこにあるのやらさっぱりわからない?のだ・・・

これじゃ無意味かも


素人としては、カタチになっていると

「おお、保存できてるのぅ」という実感が湧く。

そんなわけで、とりあえずメールアドレスを印刷してみた。

紙何枚使ったかなァ・・・。

さらに、マイピクチャをCDにしてみる。

なんだかいい感じ^^

自分の顔写真を印刷して、CDのタイトルラベルに。

おお、、写真集みたい♪

近日ネットにて通信販売予定

(んなわけないナイ)


とりあえず、これで良いかしら。

「そんなのダメ!」と言われても

これ以上、どうすればいいのか・・・

失って困るような記録って

そういえば、今のところ無いかもしれないな。




05

11

コメント

ぐしゃっ

んでも

ミスすると

やっぱり、凹むぅぅぅ~~ (+_+)





05

11

コメント

たぼう

一日、そこにいるだけで
何日分もの情報交換と決済をすませる。
充実した時間ではあるけれど
一人の人間ができることには限りがあるので
確実に、穴もどこかにできてしまう。


人間だから、必ずミスはする。
ミスをゼロに近くするには
周囲のフォローが不可欠なのだ。


忙しければ、忙しいほど
落ち着いて見つめていかなければ。
ここから先は、人任せでいい、、なんて
そんなことはありえない。
自分の手を離れてもなお
すべてがまとまって終わるまで
気を抜かずにすすむ。
うむ




05

10

コメント

もしも ひょっとしたら


PCが、いきなり終了。

再起動を何回か勝手に繰り返して、ようやく動いた。


相棒を買って2年半になる。

ブログの更新が止まったら

PCクンがいかれちゃったのね、と思ってください。


忙しいので、修理や買い替えは

たぶんずっと後回しになるかと・・・

(ガマンできるのか?私)

05

09

コメント

ビシバシ

失ったと思っていたものを

また

取り戻せた


昨夜は嬉しくて

たまらない幸福な時間でした


私って、直球姿勢は若い頃からかもしれない

いいトシになったのに

いまだに直球多いし・・・

たまには変化球を、と言われても

自分では変化球投げてるつもりなんだけど。

それがとんでもないビーンボールだったりするわけね。


こんな人ですけど

ウソはつかないよ。

自分を守るための

嘘はイヤだから。

(だから余計に怖いのか・・?)



05

08

コメント

歓迎会のような勝手に飲むような


昨夜は新しい仲間と飲んだ。

私たちには「とりあえず」乾杯用のビール、は無い。

最初から、自分の好きな飲み物を頼む。

生ビールのジョッキあり、赤ワインのワイングラスあり、チューハイのグラスあり

そして私のウイスキー水割りの小ぶりなグラスあり、と

いろんな入れもので乾杯する。


うっかりしていると、隅っこで話し合っていた人から

「あの企画はこの日でどう?」なんて提案があって

あわてて、スケジュール帳を開いたりする。

ま、それもはじめのうちだけだけどね。


昨夜は、私たち夫婦の出会いの話しが肴になった。

社員食堂に行く道すがら、野球観戦に誘われる、ってのも

今で言うナンパになるのだろうか?

縁というのは、何処に転がっているかわからない。

私が、もしも野球を好きじゃなかったら

彼とは結婚していなかったかも、しれないのだ。

「なぜ、野球が好きだってわかったの?」

付き合い始めた頃には、不思議なものを感じて、よく尋ねたものだけど

今では、よくわかる。

彼は、なーんにも考えていなかった、ってことが・・・


昨夜はそんな話でワイワイ飲んだ。

何杯飲んだかな?

そんなこと、覚えちゃいない。

いつもお安いわねぇ、とお勘定したことだけは確かだな^^





05

07

コメント

それでもPCの前にすわる

来週は、いそがしWeekに突入~

家事できるだろうか・・・


主婦らしからぬ心配だなぁ

05

06

コメント

自然に接しても

自然がたくさんの河口湖まで数時間。

電車を乗り継いで行く。


北海道の実家、函館から1時間も走れば、大沼。

子どもの頃から、遠足だジンギスカンだ合宿だといえば

大沼に行っていた。


そのせいか、河口湖に来ても

「ふ~ん」って感じ。

自分が田舎モノなんだって

しみじみ思った・・・


profile

sippo428

Author:sippo428
未知の世界へまいります

ここを探し当ててくださって
ありがとう
いつでも遊びに来てください





☆こちらでまいります
SOFIA_SS
夢何夜
物語はここへ
Ribbon in The Sky

☆以前の記事

☆ようこそ

カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Flashリバーシ

Designed by

Ad