FC2ブログ

08

30

コメント

さよなら八月

DSCN3967.jpg


季節がすぎてゆくのは
心が
移り変わっていくから

忘れないように
思い出のなかで
あなたを想っていても

カレンダーをめくるように
何時の日にか
記憶のなかから
消してしまうことが
あるかもしれない

もう
あなたの心のなかに

わたしは
いないかもしれないけど

08

30

コメント

このごろ流行りの女の子ぉ

今日はカラオケ。
息子は友達と別行動で
娘2人と私、女だけのカラオケ大会♪

2時間のうち、フルコーラス歌うのは前半1時間。
後の1時間は、歌詞の一番のみ歌う。
「演奏中止~~!」
どんどん歌うのだ。

今日はもちろんアニソンがメインです。
ハニ~~フラッシュ!!

08

29

コメント

騙す

「詐欺のように若いですね」
なんて
もっと近くに寄ってみれば
真実は明らかなのに・・・

08

28

コメント

品格

山田詠美のインタビュー記事を何かで読んでて
そのときに記憶に残った彼女の一言。

「品の良いものがいい。品の良いものは人を傷つけない」

瞬間浮かんだのが
球体のイメージ。
調和とバランスがとれていて
とがったところが無く
優しくて
迎合しない。

下品とは人を傷つけることなんだ
そんな風に強く思った。

08

28

コメント

こんな感じ

犬を飼ってる人は
自分中心でマイペース。

ネコを飼ってる人は
自虐的傾向。

08

28

コメント

献立

さんま 大根おろしを添えて
なすと豚バラの豆鼓醤炒め
かぼちゃの煮物
納豆
味噌汁 おろして余った大根が具


秋刀魚が焼ける匂い
空に満月
秋だのぅ

08

28

コメント

シメはここへ

DSCN4149.jpg


函館から戻り、自宅で1泊(?)してから
次の日はダンナの両親と九十九里のかんぽの宿へ。
ちとハードだったけど
限られた夏休みだものね。
2時間、電車に乗って・・・
JR三昧してます。

お舅さんは77歳の喜寿の祝い。
函館で作ったグラスをプレゼントする子供たち。

DSCN4095.jpg




DSCN4156.jpg


お姑さんは認知症で
孫といるときは
前とあまり変わりはない。
「家じゃ大変だよ」と話すお舅さん。

いろんな夫婦のカタチがあるもんだ。


DSCN4160.jpg


翌日は雨。
前にここに来た時は
息子がアレルギーになってすぐ帰ったけど
この天気じゃ・・・
今回もどこにも寄らずに帰途につく。

夏休みも、そろそろオシマイだね

08

28

コメント

さくっと

PCのファイルがいくつか壊れているという
エラーコードが出たので
修復方法を検索して、設定してみた。

今のところ、調子いい。
MSNもWindows Updateも元通りになった♪
このままいってほしいぞ~

08

26

コメント

海峡をくぐってみた

DSCN4139.jpg


函館を離れ帰途につく
その途中で降りたところは、ここ。

DSCN4128.jpg


青函トンネルの見学ツアーである。
普段は見られないトンネル内。
これが本坑。

DSCN4131.jpg


かなり広い。
そして線路脇を水が常に湧き出て流れている。
1分間に30トンの水量だそうだ。
吉岡海底駅では、昨年まで
どらえもんワールドがあったが
現在は資材置き場になっているらしい。

ヒンヤリとしたトンネル内。
一年を通して同じ温度という説明に
「ワインセラーにピッタリだ」
などと息子がつぶやく。
海面から140m下。
掘削作業の厳しさに思いを馳せ、進む。

DSCN4132.jpg

DSCN4136.jpg

DSCN4140.jpg


ケーブルカーで竜飛岬まで上がる。
ちなみに事故のときにはケーブルカーは使えないので
避難用のトンネルを脚で上ることになるとか。
通常、トンネル内には人は誰もいない。
すべて監視カメラとマイク、スピーカーで
管理してるのだそうだ。
「避難のときにも、カメラで見守りながら
スピーカーで誘導します」
海底トンネルで事故が起こりませんように・・。

DSCN4141.jpg

ケーブルカーはかなりの急斜面を予想以上の速さで上る。
車内はこんな風。

DSCN4147.jpg


ご覧あれが竜飛岬北のはずれと~~♪
と歌いたかったのだが
外は生憎の雨&風。
再びトンネルに戻り、帰りの列車に乗った。
在来線で3時間、八戸から新幹線で3時間。

あ~~
これからまた暑い関東に戻るのね・・・

DSCN4148.jpg

08

26

コメント

函館で思い出つくったさ

DSCN4086.jpg


函館で吹きガラスが体験できる工房。
ザ・グラススタジオ・イン函館
実家からすぐ近く、金森倉庫の裏。
ここで子供たちは自分用のグラスを吹いて作ることに。

DSCN4084.jpg

DSCN4091.jpg



吹きガラスのほかに、サンドブラストも体験できる。

DSCN4093.jpg


マスキングした部分はブラストされず
こんな感じにできあがる。

DSCN4094.jpg


50th・・そう、今年は実家の両親の金婚式だったのです^^
子供たちの名前を仕上げに彫りこんで
花束とともに、プレゼント。

DSCN4115.jpg


50年前、母19歳、父25歳。
これからも二人元気で。
たいしたこともできなくてすまん。
悩み煩わせないように生きるのが
せめてもの親孝行です・・・(言い訳)

DSCN4120.jpg
薔薇の花50本贈りたかったけど在庫無かった

08

25

コメント

函館でいっぱい食べてきたっしょ

DSCN4081.jpg


実家ではカニ&イカ三昧。
やっぱり美味しいね~
甲羅に残ったミソの中へ
カニの身とご飯を入れてワシワシとかき混ぜる。
醤油と酒を少し垂らして
網の上で甲羅ごと焼けば
うまいっしょ!^^b

函館で食べたいもの、といえば
息子はラッキーピエロのハンバーガー。
彼曰く、「日本一うまいハンバーガー」なんだって。
実家近くの店は、観光シーズン真っ最中で長蛇の列。
少し離れた十字街の店に出かける。
ここは、サンタクロースがメインキャラ(?)で
店にはたくさんのサンタが飾られている。
夏だけど(^^ゞ

DSCN4096.jpg
観光客の家族かな


ここで、限定メニュー「ふとっちょバーガー」を注文。

DSCN4098.jpg


ハンバーガーなのに串刺しである。
店員さんがカランカラン♪と
カウベルを鳴らして運んでくるので
目立つ。注目の的である。
よく食べました!という表彰状まで付いてくる・・・

翌日はレイモンのソーセージを食べ
その次の日には
来々軒のラーメンを食べる。

来々軒は、昭和10年に開店。
メニューはラーメン、カレー、カツ丼、オムライスといった
一昔前の洋食屋で、店内もまったく変わらずにレトロ。

いまどきの「函館ラーメン」は
私に言わせると函館ラーメンじゃない。
函館の塩ラーメンはスープが透き通っていて
あっさりとしたなかにも旨みがある。
脂が浮いてちゃダメダメ。
具はチャーシューとメンマとネギのみ。
海苔を入れるなんて邪道だ!
講釈しながらズズズとラーメンを食べる。
そんな解説よりも
味で、子供たちは理解できた様子だった。

夜はスペイン料理のラ・コンチャ。
この建物は昔米屋さんだったもので
私が子供の頃は、外壁が真っ黒だった。

DSCN4111.jpg

DSCN4110.jpg



ここはバル(居酒屋)スタイルで
おつまみ、ピンチョの種類が豊富。
アンチョビのカナッペが大いに気に入った末っ子。
ほかの子たちが「しょっぱ!」と敬遠するなか
嬉々として食べていた。
やはり彼女は飲んべーになるのだろうか・・

函館の夜の楽しみ方として定着してきたらしい
バル街
3000円のチケットでバル街に参加している店の
おつまみ&酒一杯を5軒分楽しめる。
次回は9月9日の開催だそうで・・
あ~行きたい飲みたいよ~

函館では毎晩父親の高級洋酒を飲んでた私。
水が美味しいんだよね、函館は。
蛇口から水道水を直接グラスに注いで
冷たく旨い水割りを飲む。
もー贅沢だ。
珈琲も美味しい。
スッキリとした味わい。
函館の美鈴の珈琲豆を買ってきて
こっちで淹れても同じような美味しさは味わえない。

私が子供の頃によくでかけたデパート
十字街の丸井。
この建物が改築されて、
地域交流まちづくりセンター」になった。

DSCN4100.jpg


リニューアルされてても、階段は昔のまま。
大理石なので化石も埋まっている。

DSCN4102.jpg


手動式のエレベーター。
懐かしい~~~
DSCN4104-2.jpg


ここの一階の喫茶コーナーの珈琲は
250円なのだけど、とても美味しい。
カウンターのお姉さんは
昔風ないでたちで、和服姿。
「いつも和服なんですか?」
ときくと、「はい、そうなんです」とニッコリ。


「俺、ラキピのソフトクリームが好きだな」
「函館はソフトクリーム、どこも美味しいよ」
ソフトクリームが美味しいのは
山川牧場の牛乳のおかげ。
観光地のお店にはほとんど山川牧場の瓶牛乳が置いてあり
散策で喉が渇くと、息子はひと瓶飲み干す。
以前はこれに大沼の「わねざき」のアンパンが
最強の組み合わせだった。

美味しいものをたくさん食べてきたよ~
おかげで、おなかがポッコリになっちゃった・・。

DSCN4105.jpg

08

25

コメント

函館さいってきたっけ

DSCN4065.jpg



今年の夏も函館に。
大人4.5人分の飛行機代はとても出せないので
今回もJRの企画モノ切符にて。
青森・函館フリーきっぷ
青森までは新幹線も特急も指定が取れて
フリーエリア内(青森~森)では自由席のみだけど
何度も乗り降り自由、というおトクな切符である。

鉄ちゃんは、何故か「乗り降り自由」ときくと
途中下車がしたくなるらしい^^
昨年は、青森で降りて三内丸山遺跡に行ったのだけど
今年は浅虫温泉で降りて


海づり公園へ。

DSCN4069.jpg




海の上に釣り場があり、足下はこんな風

DSCN4071.jpg

生簀もすこしあって、黒そいが釣れる。

DSCN4073.jpg

DSCN4077.jpg


子供には、ライフジャケットの貸し出しあり。

俺は行きたくない、行きたくないんだよと息子。
さっさと置いていく娘たち・・・

DSCN4068.jpg


旅の途中でもあるし
一匹釣れた小アジはリリースしてまいりました。
この日は長く続いた猛暑がひと段落したようで
肌寒い天気。
あづい関東から脱出できたんだ~~
ってヒシヒシと感じました。

08

23

コメント

ただいまんごー

帰ってまいりました。
電車乗りっぱなしで体が揺れてる感じ。
旅行記はゆっくり書きます~
明日は仕事じゃ!

08

23

コメント

残暑お見舞い

仕事おわり~~
明日は家事と旅支度
あさってから、出かけます。
帰ってPCが調子よければお土産話を。
ダメだったら
そのまま夏休みじゃい!

暑いけど、体に気をつけて☆

08

15

コメント

さらに脳内

20070815234341.gif


酒池肉林。


sofia_ss.gif



すごい!なんでわかったの??

http://maker.usoko.jp/nounai_feti/

08

14

コメント

やっぱり

更年期じゃのぅ・・・

08

14

コメント

忘れてたんですか

いつも乗るバスは土日が運休で
なんとなくしばらく彼の運転のときに
乗らずにいた。
久しぶりに乗ったら
きちんと停留所で停めた。
前は家の近くで下ろしてくれたのに。

2回続けてそうだったので
停留所で停まることが徹底されたのだと思った。
3回目。
あれ?家の近くで停まった・・・

「ここで停まってもいいんですか?」
「はい。すみません。
一昨日、昨日とうっかり忘れてました」
「ありがとうございます^^」

うれぴぃ~~~♪

08

14

コメント

言った

仕事帰りのバスのなか。
始発なので、出発まで時間がある。
孫娘と母親と祖母の3人家族が乗り込んできた。
幼稚園ぐらいのその女の子が
バスの先頭、座席が高くなっていて
「子供の一人掛けは遠慮してください」と
書かれてある座席に座ろうとした。

「そこはダメ。こっちにお母さんと座ろう」
と、母親。
後ろの二人掛けの席に招く。
が、女の子は言うことをきかない。
「やだー!!そこはヤダ!ここがいい!」
そう行って、泣き喚きだした。
明らかに、泣いて自分のしたいことを通したい様子。

何度か押し問答して
おばあちゃんが
「そんなところに座ってると、怒られるよ」
と、運転手にふった。
もちろん、運転手さんは黙っている。
母親は最後の手段か
「じゃ、降りよう、降りるよ」
と言い出し、子供はさらに
「ヤダ!降りない!ここに座る!」と
泣きながら繰り返す。
こう着状態。


「あのね、そこは子供だけじゃ座れないのよ」
私が子供の目を見て話しかけた。
ピタ、と泣き止む彼女。
「そこは子供だけじゃアブナイの。
お母さんのところで一緒に座ってなさい」
もちろん、よその子だから
静かに優しく語りかけてます^^
(自分の子供だったらタダじゃおかない)

知らないオバサンにいきなり注意されて
女の子は困惑の表情。
言うことはきかなくちゃいけない、
ということは承知してるが
素直にこのオバサンの言いなりにはなりたくない
という思いが読み取れる。
でも、もう泣くわけにはいかない
それだけは確かだね。

もう一度、同じ事を繰り返して話すと
ようやく、母親が立ってきて
子供を抱き、座席から下ろした。
「降りるなんてしないから、こっちにおいで」
すると女の子は、母親の手をふりほどき
「いいの!自分で行けるもん!」
と大きな声で言うと
ドスドスと後ろの席に歩いていった。

なかなか根性のある子じゃない^^
それ以後は静かに座ってたのよ、その子。
わがままをゆるさない他人がいるってこと
わかってくれたかな。

08

12

コメント

ブログ開始か

そろそろグルメブログを自分もやるか、
とつぶやいた。
ほんとかよ^^

PCもあやういってのに・・

08

12

コメント

調子わるい

MSNのサイトからメールを出そうとすると
エラーになる。
MSNメッセンジャーを起動させると
プチン!とPCが切れる。
どうも何かにひっかかったみたいだ。

ということで、MSNは当分
(たぶん、PCを変えるか再インスト)まで
使えません。

ホットメールは今のところ
Outlookで見てるので大丈夫なんだけど。
PCもいつダメになるかわからないので
メールはあまりアテになりませぬ。

MSNメッセはできないので
googleを使ってます。
アカウントはMSNと一緒なので
都合がよろしかったら
登録して使ってみてください。
よろしく~

08

11

コメント

雑多であるしあわせ

はだしのゲンを見ながら
どうして戦争は起こるの?
なんでこうなったの?
と子供たちと話し合う。

ダンナは自衛隊不要な
護憲派であり
私は自衛隊必要な
改憲派である。

それでも仲良くしてるし
ちゃんと意見を交わせるでしょ?
この時代は
言いたいことも言えない時代だった。
だからこうなっちゃったんだよ。
いろんな意見や考えを出せるってことが
大事なんじゃないかな。

国民の選択は多数決。
大勢が選んだ政治家が
国の行方を決めてゆく。
だからといって
あきらめて沈黙するのは愚かなことだと思う。
正しく、良いことなら
大勢の気持ちを動かすことができる。

と、私は信じている。

08

11

コメント

心のさけび

汚い言葉だとは思いつつ・・・





クソ暑いっ!



08

09

コメント

8月の予定


仕事、仕事、PTA、家事
仕事、仕事、仕事、仕事、仕事、仕事、家事
函館

08

09

コメント

真夏の凧揚げ

DSCN4041.jpg


せいう~ん、それは~♪
ずっと歌ってたら
ソレ本番でも流しましょうよ
なんて言われた。

PTAのまつり企画
今年は「たこあげ」。
まずは実際にやってみよう、ということで
やってみました。
暑かったよ~

これでPTA活動も
ようやく夏休み。

08

07

コメント

そして娘のものに

珍しく、デザインが気に入ってブラを買った。
でも・・・
身に着ける意味が無いような感じ。
この隙間、なんとしよう。
「かわいい!」
娘が欲しがったので、試させてみた。

かわいいじゃん~
ピッタリじゃん~
水を得た魚のように
ブラがお役に立っている。

「あんた、胸大きいじゃない。誰に似たの!」
「え~~~!私、大きくないよ。Aカップだし」
・・・・・。
たしかにAです。
だってこのデザインにAAは無かったんだもん。ふん。

08

07

コメント

渇望

ネットで恋に陥るのって、容易いよね。
恋人より、友達つくるほうが難しいかもしれない。
チャットを始めたばかりの頃、そう思った。

恋の大部分は
空想と妄想と幻想でできていて
バーチャルに近いものだから?

言葉と画像を飛び越えて
熱と匂いと瞳のチカラを感じても
夢が醒めなければ
それはホンモノなのかもしれない。

08

06

コメント

今日の捕獲

「そこに今大きな虫が!」と娘。
動きの素早さからどうもゴキらしい。
またもベランダ付近。
1階の宿命か・・・

「じゃ掴まえるから、そこめくって」
ティッシュ5枚で待機。
「えー!やだ~!!!!」
娘たちに拒否られる。
しかたなく自力で追い込むと
ヤツはカサカサと
私の手を這い上がり横切った。
てめ!
手を払うとひっくり返り、走行不能に。
そこをすかさずキャッチ♪

デカイな~
この前のよりもデカイかも。
夏だなあ。

08

06

コメント

ハラハラ

まだ2時前に寝る週間じゃないってことで。

チャット中に突然PCダウン。
何度も起動させるのですが
言うこときかないよ、この子・・・
ようやく動きました(^^ゞ

なぜか、函館に行くぞとか書き込む頃になると
ダメになっちゃうのよね。
文章はブログ
写真はzorgに載せちゃうかな・・・
メールをどうするか、だね。

http://www.zorg.com/

08

05

コメント

2時前に寝る

17日から函館なんだけど
その前の6日間は連勤で
そのうち、遅番が2日入っている。

体調整えてのぞまないとな。
早く寝る。
付き合えないから!
すまんのぅ。

08

05

コメント

海外生活

定年退職後
海外でロングステイする夫婦の番組を見たけど
なんで外国なのかわからんかった。
日本は物価が高くて
趣味にお金をあまりかけられないからなのか。
私はPCあればそれでいいから
どこでもいいや。

なんで南国なのかもわからんかった。
暑いのに・・・
北海道だったら
土地も家もタダみたいなところあるのになあ。
自給自足しなくちゃいけないかも、だけど。

profile

sippo428

Author:sippo428
未知の世界へまいります

ここを探し当ててくださって
ありがとう
いつでも遊びに来てください





☆こちらでまいります
SOFIA_SS
夢何夜
物語はここへ
Ribbon in The Sky

☆以前の記事

☆ようこそ

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Flashリバーシ

Designed by

Ad