FC2ブログ

03

30

コメント

そんなオチ

学校から電話。
すみません、と教頭先生。
「市のPTA功績者の表彰者として推薦の書類を書いてるんですが」
「え、そんな」
「すみません、本人には内緒で推薦しないといけないんですけど」
「は?」
「推薦書類に生年月日を書かないといけなくて・・・」
「あら」
「すみませ~ん、教えていただけますか」
内緒じゃねーじゃん。

03

25

コメント

退職の日

退職の日の朝、けっこう揺れる。
まだまだ地震は続くのか・・・
朝礼で、私が「本日付で退社です」と皆に伝えられ
全く知らなかった人達がえ!!と驚く。
前に出て、ひとこと挨拶。

この日はチームも一新されて
席替えが大々的に行われる。
そんななか、粛々と 私物と貸与品を仕分ける私。
「びっくりしました。どうして辞めちゃうんですか?」
「もったいないです。知識も豊富だし、いつも助けていただいて・・」
「戻ってきてくださいよ~」
「信じられません」
「いなくなっちゃうなんて、寂しすぎます」

ありがとう^^
いい仲間と仕事してきたんだなあと、あらためて思う。

退職の挨拶文を手紙で送る。
地震で交通機関が動かず、ゆっくりあいさつ回りもできなかった。
どうしても、ひとこと言わなくちゃ、と思ってたお客様方に電話する。
「残念だわ・・辞めても、お茶飲みに来てね」
「せっかく、良い方に出会えたと思ったのに・・」
「とってもお世話になって・・ありがとうね」
「安心してたのに・・。いなくなっちゃうなんて」
嬉しい言葉。優しいお客様に支えられてたのだ、とも思う。

仙台に住んでいるお客様。地震以来、ずっと気になっていた。
津波による被害がたくさん出た地区。
電話すると、近所の人達数人で、近くのアパートに身を寄せているという。
「何か必要なものがありますか?届けられますか?」
「駅に預けてもらえれば・・高速バスしか走ってないです」
「宅配便の営業所止めはどうですか」
「行けないんです」
「ちょっと方法を探してみます」

ネットで探すと、ちょうどゆうパックが局留めで再開されていた。
「近くの郵便局で受け取りできますか?」
「なんとか行けると思います」
欲しいものをいくつか教えてもらい、箱詰め。
少ししか送れないけど・・。
ほんの少しでも、役に立ってくれれば良いけど。
退職するの言うの忘れてた。
荷物送ったら、メールしとこう。

地震がすべてを狂わせてしまったのだな。
残酷だ。
でも、絶望はしないでほしいし、させたくない。

退職の日、人とのつながりをとっても強く感じた日でした。


03

15

コメント

卒業

学校の玄関で、小学校のときに一緒にPTA役員をした友人が
駐車場整理の役目をこなしていた。
「おめでとう!末っ子ちゃんが今日卒業式なんだ!」
「ありがとう~」
「あのとき、PTA会議室に黄色い帽子かぶって
お母さん~って呼びに来てた子が・・・・」
「うんうん」
「おめでとう!良かったね」
「もう・・今からうるうるしてるんだけど。
来賓代表の祝辞しなくちゃいけないのに・・」
「泣いちゃっても花粉症の人いっぱいいるから大丈夫!」
彼女は末っ子が小学校で不登校になったときも
私が全頭脱毛症になったときも
変わらずに接してくれた人だ。すでに私の目には涙。

昇降口で、担任の先生とお会いする。
今年で定年退職される先生に
感謝の気持で胸がいっぱいになる。
昨年不登校になったとき学校からいつも電話をかけてきてくれた。
末っ子を遠くから近くから見守ってくれていた。
ありがとうございます、と頭を下げながら
またまた涙。

来賓控室でお茶を運んできてくれた事務員さん。
奇しくも小学校でもお世話になった方だ。
末っ子が小学校で不登校になり、教室にどうしても行けないとき、
事務室で預かって世話をしてくれた。
「あのときはありがとうございました」
「いえいえ、末っ子ちゃんも、しっかり成長されて
卒業の日を迎えられて良かったですね^^」
おめでとうございます、と言われて、涙、涙。

余震があるかもしれないとのことで、避難経路をしっかりと確認。
卒業式が始まった。
校長先生の式辞、教育委員会からの祝辞
そしてPTA会長の祝辞。
んもー涙こらえるので精一杯。
声が低くなる。
「今日という日を無事に迎えられたことに
心よりお慶びを申し上げます」
ホントにそうだよね。

当の末っ子はあっけらかんとしてて。
「お母さんの祝辞聞いて、友達がさー」
「うん、なんて言ってた?」
「声が小さいね。病気なの?だって」
「なに!」
「でも好評だったよ」
「好評?」
「短くてグッド!」
それを聞いてた真ん中の娘。
「あ~、うちらのときにも皆言ってた。短くてナイス!って」

・・・まあ、概ね好評でよかったです。
トシとったせいか、涙腺ゆるくなってしまったなあ。



110315_2100~001

卒業にむけて作成した末っ子作の扇。
裏面に、彼女からのメッセージが

110315_2102~001

中学卒業、おめでとう。
ま、これからも元気でよろしく。




03

09

コメント

ようやく

いろいろあったけど
今月24日付で退職である。
新しい仕事はまだ決まっていない。
あと2週間、お世話になったお客様への挨拶と
今抱えてる案件をキレイにしていくことに努めよう。

03

06

コメント

RIP SLYME が実は好き。
熱帯夜を子供たちとカラオケで合唱したりする。エロい^^
ただ今ヘビロテなのがこちら。

大人なラップ




03

05

コメント

たぶんすごく後悔していると思うんだ
責めているわけではないのだけど

小さい子はひとりでトイレに行かせちゃいけない

危険な人がいるだけじゃなく
閉じ込められてしまったり
うまく処理できずパニックになってる子供を
何度も手助けしたことがある。

犯人を憎むと同時に
たぶん後悔してると思うんだ
同じ親としての立場で
それが慮れてなんともやりきれない。



続きを読む

03

02

コメント

嗅ぐ

昨年度異動すると決めたとき
事務所の移転が発表された。
そして今回も、退職すると決めたら
事務所が移転されるとな。
なんか「風」を読んでる?

03

02

コメント

告げる

明日明後日と珍しく連休をとる。
今日は拠点長と退職について話をした。
この一年を振り返りながら話していると
直属の上司との間に起こった出来事が思い出されてきて
不覚にも涙が出てしまった。
けっこう我慢してたんだなあ、と自分でも思ったり。
その都度吐き出していたら、ここでこんなパワーにはならなかったろうな
とも思った。
上司にすれば、もっと早く言ってくれたら・・って感じなのだろうけど。

環境が改善されれば、まだ続けていく気持ちがあるのですか?
と言われ、いいえ、と答える。
辞めるということは、もう続けていけないと思ったからだけど
それは一職員のわがままにすぎないのだろう。
ここを辞めてこの先どうするんですか?お子さんの教育費もかかりますよね?
速攻で仕事を探します、と答える。
この先の職がないだろうから、ここでの仕事を続けてみないかということか。
そんなことで揺らぐなら、退職を言い出したりしない私なのだけど。

まだこれからもやれますよ、と言ってくれるのだが
それは違うステージで試してみたい。
ここはもう目一杯やった。
悔いはない。あるとすれば、私を慕ってくれるお客様と別れることだけだ。

不本意なことでふりまわされて
時間と労力を自分の仕事以外に余計につかった。
よく倒れなかったものだと思う。

次の仕事、、どうなることか。
なるようにしかならない。
上司には、「やりたい仕事がある。それにチャレンジしてみたい。
それがダメならしかたないので、ほかに探します」と言った。
ま、その通りだな。



profile

sippo428

Author:sippo428
未知の世界へまいります

ここを探し当ててくださって
ありがとう
いつでも遊びに来てください





☆こちらでまいります
SOFIA_SS
夢何夜
物語はここへ
Ribbon in The Sky

☆以前の記事

☆ようこそ

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Flashリバーシ

Designed by

Ad