FC2ブログ

05

22

コメント

FB

ネットっつのはそもそも出会い系が基本なのかもしれないのだけれど。
どこのだれかもわからん相手と
コメのやりとりをして親密になって
オフ会で会って、そこからはリアルな知り合いになる。
そんなんだから、最初から実名ってのに抵抗あるんかな。
宝くじにあたって堂々と登場しちゃう国と
宝くじにあたったの隠さないと平穏な生活できない国の違い?
コミュはリアルな知り合いが作るんで
実名要らんし。
必要性が感じられないのだよな~~~
でも、使ってる人はすごく使ってるんだろうな。

05

22

コメント

ついのふぉろー

被害者意識つか
なんというのかな
女や酒の話しかしない男みたいに
自分の仕事は差別されてる、自分はこの道を選んで正解だった
とか
そんなのばかりなツイートは読みたくなかったので
フォローはずした。

そのうち、ネガティブなことばかり言ってるのはどんどんはずす。
つぶやきは自由。
それを見るのも自由。

05

22

コメント

華はない

仕事開始して2週目終了。
会社は同じだけど、仕事内容は変わり
立場も変わった。
勤め先は都内。お濠に緑が映えて綺麗だ。

前は外に出るのと中にいるのと並行してたけれど
今度は中にいっぱなし。
サポートとして主な仕事はチェック作業なので
始めたばかりの今は、特にミスしないように集中して仕事している。

事務所には若い子が多く、ほわ~~んとした感じがある。
数字で給料が左右されるのではなく
固定給だから、ってのがあるのかな。
なんちゅうのかな
厳しさがないというか
前の職場はお客様窓口で、最前線って感じがあったんだな。たぶん
電話もお客様からの電話は少ないし
2年前にいた職場に似た感じがある。
違うのは、拠点長が女性だってところか

女だらけだな~



05

16

コメント

パクっ

http://www.youtube.com/watch?v=Ktl_F9dzhvg&feature=related

どこかで聞いたような・・・としばし考える。
子供たちがエグザーとか久保田~とか言うのより、
もっともっと前に聞いたことがあるような・・・・


http://www.youtube.com/watch?v=3JaR7TIY4CM


これだ!パプワくん~~♫

05

11

コメント

新しいカレシ

dell.jpg

ようやくDELLパソが届いた。
今までノートを置いていたところにダン!!と据え置かれて
「けっこうデカイな~~」と家族がみんな驚く。
画面はワイドで大きくなったんだが、ダイナブックの画面が綺麗だったためか
画質悪いなーと酷評。
私は久々にキーボードを手元に引き寄せてにんまり^^
仕事開始して、PCに向かう時間はまた減ってしまうだろうけれど
よろしく頼むよ~

05

08

コメント

ヅカ

「宝塚とかどう?」 何日か前に確かにダンナにきかれて
「どうって?あまり興味ないけど」
そう答えたのだが、それがまさか宝塚劇場に行く誘いだったとは。

以前、独りでスパハワイアンに一泊旅行に行き、家族から
「信じられない。なにが面白いの?」 とブーイングされまくったダンナが
今日、独り宝塚という快挙を成し遂げた。
「何観てきたの?」 「美女と野獣」。
3時間半はキツイね~、だって。
「男性で一人で観てる人いたの?」
「何人かいたよ」
マジですか? ダンナと同様、チケットもらってとか、そういう感じなのかな・・
お土産は、美女と野獣公演記念のクッキーと、すみれの花キャンデー。


110507_2043~001

05

07

コメント

リスタート

きっかけは上司との出来事だったが、
未練なくキッパリ辞める気持ちになったのは
やはり、地震の影響があるんじゃないかと思う。

あの時、市内の事務所にいて本当にラッキーだった。
辞めるつもりであまり仕事を増やしてなかったから。
普段の私なら、たぶんどこかに訪問で出かけていただろう。
現にその日の夕方には、千葉市のお客の所へアポを入れていた。
出かける前に地震が起きて、キャンセルになったのだけど。

前の日には茨城に行っていた。
常磐線、竜ヶ崎線、バス、と乗り継いでいく、聞いたことのない地区。
もしそこであの地震があったら・・・・
想像するだけで、背筋がぞわわっとしてしまう。
今まで何事もなかったのは、幸運だったと言うべきなのかもしれない。

在職中から就活して35社以上の会社に応募し、
大半は書類選考でボツ。
保険関係の仕事は面接まですすんだが
こちらが良いなと思うところからは断られ
あんまり良くないなと思うところからは次回面接の連絡あり、とか
ホント婚活に似た感じ。
断られたり断ったり・・・・

訪問はしない、外回りのない仕事を探してはみるものの
なかなか縁がなく、退職してから派遣に登録してみたが
「もう4月1日におさまるところに皆おさまってしまったので
当分はお仕事の紹介ができないかもしれない」 と言われ、
まったく当てにしていなかった。
それが突然に連絡があって、4月に仕事開始予定の方がキャンセルしたとのこと
「急なお話なのですが、いかがでしょうか」。
いかがも何も、「はい、お願いします」と即答していた^^

話があった2日後に面接をし、その日にすぐ採用の連絡が。
決まるときって早いんだね。
2日間研修受けたけれど、ほぼ今まで私がしてきた仕事内容と変わりなく。
あらためて、ものすごく細かく複雑な書類手続きをこなしていたんだな、と感じる。
個人情報が数字化された帳票とか、他社での保険事務の経験のある人によると
「こんなものは見たことない」。 うちの会社だけだったんだ。初めて知った!

慣れた書類だけど、慣れがあるから油断も起きる。気を付けないと。
週明けから、本格的に現場に配属。
どうなるかわからんが、まずは頑張ります。

05

05

コメント

ボランティア

今日、絵本を寄付した先はこちら。
ららぽーと 元気をここから!

エレサ・ベスコフ3冊、木を植えた男、花さき山、ないたあかおに、etc・・・
メッセージカードに短いコメントを添えて
童心社から以前もらってたくれよんのシールで留めた。
カバーはさすがに汚れてたのではずして持っていくと
受付のお姉さんが「とてもきれいな本をありがとうございます」。
子供たちが小さいころは読んで聞かせてあげてたけど
皆大きくなり、私の趣味で集めてるみたいになっていたので
また現役で読まれてくれれば、本としても本望だろう・・・
などと勝手に思い込み^^

子供はときとして、ブラックな話を好むけど
今回はちょっと外した。がらがらどん、とかじごくのそうべえとか
登場してくるものが何かしら殺されちゃうようなイメージなもの。

どんな子が読んでくれるのだろう
読んで心に残ってくれればいいな
そんな気持ちで手放した本。
なんていうのかな
ボランティアって、種まきにも似てるような気がする。
こんなちょっとした絵本の寄付がボランティアかと言われれば
そうじゃないのかもしれない。
でも、何かしら種をまければ、それでいいと思う。
いろんな災害でのボランティア活動も
それがまた次のボランティアを生んできたのだと思うし。

台湾の人達の支援に、日本政府として公式な謝礼がないことに憤慨した人たちが
ツイッターで呼びかけて、有志で台湾の新聞にお礼の広告を出した。
これも私は立派なボランティアだと思う。
なんで政府はなにもしないんだよ、で終わらないところが素晴らしい。
集まったお金をすべて義援金にしなさいとか、そういうのはオカシイ。
広告を出すという趣旨に賛同したひとたちのお金なんだから。
お礼がしたいと思っている人達の代わりにお礼をしてくれた、確かなボランティアだ。

いろんな形で自分の良いと思ったことをしていけばいい、と思うんだよね。
それがどこかで迷惑になるものなら、いずれ消えていくのではないかとも思うし。
貢献したい、支援したい、とにかく何かしたい
たくさんの人がそんな気持ちになってるだろうし
もちろん私もその一人だ。
できることは限られてるけども、できることをする、
それがボランティアだと思うし、できるだけ息長く続けていくことが大事だとも思う。
まだまだ、これから。


profile

sippo428

Author:sippo428
未知の世界へまいります

ここを探し当ててくださって
ありがとう
いつでも遊びに来てください





☆こちらでまいります
SOFIA_SS
夢何夜
物語はここへ
Ribbon in The Sky

☆以前の記事

☆ようこそ

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Flashリバーシ

Designed by

Ad