FC2ブログ

Welcome to my blog

花を贈る

Category - つぶやき
時間というものは
ときに寛容であり
ときに容赦ない。

母の日に花を贈るようになって
20年経った。
結婚して「母」が3人になり
それぞれに毎年花を贈る。

私の母は今年で70歳。
親戚のなかでは若手のほうだが
それでも、もう古希だ。
だんなの大伯母はかなりの高齢だが
矍鑠としていて
「来年は子ども2人受験だね」と
間違いなく覚えてくれている。
子どものいない大伯母は私を可愛がってくれて
何かと助けてくれた。
お姑さんは認知症になり
進行は緩やかだが
確実に世界は遠くなっていっている。
花を贈るとお礼の電話があるのだが
どうやら今年は電話ができない様子。

「母の日」というよりは
「婆の日」(失礼)に贈る花は
カーネーションとは限らない。
今年は高齢な母達の気持ちを
少しでも華やげる事ができたらと
ブーゲンビリヤを贈った。
「大事に育てるね」
と北国に住む母が言う。
南国の花なのだけど
そう思ってくれる母の気持ちが嬉しい。

hana.jpg


私は何も要らない。
普段と変わりない日であれば
それで充分です。




2 Comments

仮面ライダー☆  

×私は何も要らない。
○私はお酒があれば何も要らない。

修正しておきましたw

sippo  

バシ☆\(・・ )

  • 2008/05/12 (Mon) 22:06
  • REPLY