FC2ブログ

Welcome to my blog

ピンをさがせ

Category - つぶやき
『幸福論』 アラン 著 宗左近 訳

「名馬ブケファルス」

幼い子どもが泣いてどうにもなだめられないときには
乳母はよくその子の性質や好き嫌いについて
この上なく巧妙な仮説をたてるものだ。
遺伝まで引っ張り出して
この子はお父さんの素質を受け継いでいるのだと考えたりする。
そんなお手製の心理学にふけり続けているうちに
乳母はピンを見つけたりする。
そのピンが幼い子どもを泣かせた本当の原因だったのである。

アレクサンドル大王が若かったころ、名馬ブケファルスが献上されたが
どの調教師もこの暴れ馬を乗りこなす事ができなかった。
ありきたりの人間だったら、
「こいつはたちの悪い馬だ」 とでも言っただろう。
ところがアレクサンドルはピンをさがし、まもなく見つけた。
ブケファルスが自分の影にひどくおびえていることに気づいたのである。
おびえて跳ね上がれば影も跳ね上がるので
きりがなかった。
だが、彼はブケファルスの鼻づらを太陽の方に向けたまま
動かさないでおいて馬を安心させ、疲れさせる事ができた。
アリストテレスの弟子は、情念の本当の原因を知らない限り
人間は情念に対して全く無力なことを、
すでに知っていたのだ。

多くの人々がなんのために恐怖というものは生じるのかを
説いて聞かせた。しかも強力な理由をあげて。
だが、現に怖がっている者は理由なんかに耳を傾けない。
自分の心臓の鼓動と血のざわめきに耳を傾けているのだから。

(中略)

人が恐怖をいだくときには、怒りから遠くはない。
興奮のあとには怒りがすぐ続く。
閑暇や休息を楽しんでいるときに突然呼び戻される場合には
好ましくない事態が生じる。
そう言う状態ではしばしば気分が変わる、それもあまりに変わりすぎる。
不意に目をさまされた人と同じで、目をさましすぎるのだ。
だが、人間は邪悪なものだ、などとは断じて言ってはならない。
人間の性格はこうこうだ、などと言ってはならない。
ピンをさがしたまえ。





幸福論 (現代教養文庫 532)

0 Comments